家のコマ3個

これまで投資と言うと、株式や国債が中心でした。

しかし、最近は賃貸物件を購入し、それを人に貸すアパート経営する人が増えてきました。
この背景には、長引く不況と言う状況もありますが、アパート経営は最も堅実な投資の一つであり、これが支持される大きな要因でもあります。
アパート経営と聞くと、不動産経営に全く携わったことが無いから、難しいのではとイメージする人も多いです。
しかし、現在は仲介業者が多く存在し、賃貸物件を購入し人に貸すことができる状態になったら、運営を会社に任せることも可能です。
つまり、アパート経営のオーナーは、賃貸物件を購入するだけで、実質不動産経営者として資金を手にすることが可能です。

アパート経営を運営する業者は、入居者募集から、入居に関する書類作成、また家賃の回収まで全ての業務を行います。
どんなに小さなアパートでも、入居者募集から家賃回収までも不動産経営者が直接行うのは、極めて大変です。
実際、賃貸物件の入居に関する業務だけでも、かなりの労力を必要とするので、不動産経営者にとっては大きな負担となります。
その点業者は、多くの賃貸物件を抱えているため、ルーチンワークで仕事を回すことができます。
不動産経営者は、こう言った運営会社に手数料を支払う必要があり、家賃収入はこの手数料が引かれた分振り込まれる仕組みとなっています。
こう言った業者を選ぶ時のポイントですが、まずどのくらい賃貸物件を扱っているのか、空き室率はどのくらいなのかは最低知っておく必要があります。
アパート経営の要はいかに空き室を少なくするかです。
つまり、賃貸物件を効率良く不動産経営していくのには、空き室の存在は極力少なくする必要があります。
アパート経営を代行してくれる運営会社の営業力も左右されるので、不動産経営者は、その点をしっかり見極めて契約する必要があります。
またサービス内容は、それぞれ会社によって異なるので事前に調べることも大切です。

お金を育てる

不動産経営の方法としてアパート経営が最も一般的になっていますが、近年では余剰の土地の活用法として駐車場経営が行われるようになってきました。
その多くは駐車場の所有者と借り手が直接賃貸契約を結ぶのではなく、管理会社が一括借り上げをしてサブリースする方法が一般的になっています。
このような傾向を受けてアパート経営においてもサブリースをする方法が広まってきています。

この背景には、不動産経営が本業ではなく、余剰の土地を活用する方法としてアパート経営を始めたり、賃貸物件を手に入れたりする人が増えているためです。
本業ではないため、不動産経営に時間や労力を費やさずに賃貸契約を結ぶことができるのであればそれに越したことはなく、空室対策や管理を委託する不動産経営が広まっているのです。
今後もより少額での不動産経営が可能になる傾向があることから、こういった賃貸契約が基本となってアパート経営や駐車場経営が行われていくでしょう。
現状としては管理会社に一括借り上げをしてもらう方法が不動産の所有者としてはもっとも利のある方法となっていますが、あくまで時間や労力をかけずに管理でき、かつリスクが少ない不動産経営方法として採用されているに過ぎない可能性は否定できません。
つまり、例えばアパート経営において直接借り手と賃貸契約を結びながらも空室リスクを懸念する必要がないような契約形式が生まれたとしたらそういったものがアパート経営上でのトレンドになっていく可能性があります。
不動産経営を始めたばかりの人が多い現状ですので、一括借り上げがわかりやすいという事実もあります。
もし賃貸契約やアパート経営についてもっと貸し手が詳しくなっていったら、今完全に委託してしまっている仕事の一部を自ら行いたいと思うようになるでしょう。
そういったニーズの出現に応じて新しい賃貸契約の形が生まれていくと考えられます。
そして、そういったニーズに敏感な管理会社が台頭していくことになるでしょう。

2014年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930